ようこそ。タイパタヤリゾートヤジさんブログへ
パタヤで起こるニュースやマイナーな情報を毎日配信お楽しみください。
引っ越しました〜〜モータースポーツ 新しいブログはこちら
揺れるハートジョイナーフィーフリー格安パタヤのホテル探しはここで〜す


パタヤ⇔空港往復高速込み2000バーツ



パタヤの観光はこちらから


パタヤの不動産情報はこちらー
ビザのことならオールパタヤへ

ビザなしでタイの運転免許取得はこちら

2008年04月30日

ここにきてやばくなってきたキーのヘアーサロン! 商売は難しい!  

2月に勢いでオープンしたシリワン・ビューティー・サロン。お蔭さまで何とか2月3月と最低売り上げをクリアでき、このまま軌道に乗ってくれればいいと願っていたら、そう簡単には「問屋は下ろさねえ」だ。4月の売り上げが35%ダウン。

CIMG4499.JPG元オーナーの説明では旅行客のシーズンには影響を受けないはずだったが、とんでもない。やはりパタヤは観光地、何らかの影響は多少は受ける。因みにサードロード界隈は多少のロングステイの外人はいるものの、どちらかというとローカルな場所で近所には観光客のアトラクションはビーチロードやセカンドロードよりも少ない。

しかし、すでにオフシーズンに入りイサーン(タイ東北部)からの出稼ぎ少女やおばさんたちも帰省してしまった人も多い。それに加え観光客の構成比も昔のように白人男性の娯楽客は少なくなりつつあり、ビアバーなどは閑古鳥が鳴いている。このところ増えている客層はBRIC‘sのB(ブラジル)を除くロシア、インド、中国からの客だ。この連中のパタヤ滞在は昔の白人層の滞在客とは赴きが異なっている。

P4100007.JPGさて、今後どのような展開になるのだろうか?売り上げの話をするとキーちゃんは激怒する場面が多くなってきた。冷静に見つめるとそう熱くなる問題ではないのに。赤字を出してもすぐに黒字になる場面なら継続も良いが、何ヶ月も続くのであれば撤退する方が無難なことは子供でも分かる理屈。しかし、その確認作業をすると彼女は「瞬間湯沸かし器」となるのである。困ったもんだ。

これでもキーのサロンはペッチアと呼ばれる年間の権利金の支払いが無いだけ助かっているのだ。だいたいの地代は営業権というかこのペッチアが付いてくるので売り上げは倍以上無いとやっていけない。その辺は前のマッサージサロンの失敗で分かっているはずなのだが。

P4120023.JPGタイ人相手でシーズンに関係なくできるビジネスということで賛成したキタさんであるが、この先が心配になってきた。パタヤ市長選挙もありまたビアバー閉店が続くパタヤだ。商売をやっている中小零細企業にとっては、このビアバーが閉店になる禁酒の日が多くなると相当に堪える。なんとか、パタヤのような観光地は例外を認めてビアバーの閉店を少なくすることはできないものか、そう次の市長には訴えたいキタさんである。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
yaziursi.gifyaziursi.gif





posted by ヤジ at 10:52| バンコク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | キー・ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

キー・ファミリーのパタヤ訪問狂騒曲−さすがタイ家族(2)

P4170019.JPG キー・ファミリー滞在二日目の朝、キタさんはいつもより30分も早い5時半には起きてしまいました。出かけるのにバスルーム一つでは時間がかかるだろうと思い、先にシャワーを浴び着替えることに。8時には全員目が覚め、と言ってもキーちゃんは疲れからか一番遅かったが、兎も角朝食に出かけることになる。

P4170022.JPG ノースロードにスタントマンと言うジョーク(タイお粥)の大変美味しいローカルレストランがあるのでキタさんの案内でそこへ行く。料金もタイ人料金なので安心していたら不覚にも氷を入れたコップを配られ、気がつくとジェックがテーブルにある飲料水を開けて飲んでいたので、二本分の水代を入れたら(氷代も入れて)結構な値段(B270=7人)になってしまいキーちゃんの額から汗が流れる始末。(笑い)

P4170091.JPG まあ、それでもお腹を満タンにして、午前のハイライト、クロコダイル・ファームへ。すでにロシア人やアラブ人を乗せた観光バスで駐車場は混雑していた。キーちゃんを除いては全員初めて。園内を走る案内の庭園バスに乗り、園内一周。所々で記念撮影にバスが止まってくれるので便利だ。巨大ナマズの池では餌をやったりワニ・コーナーではショーを見ることができた。

P4170118.JPG それから、再度パタヤ・ヒルに上り今度はワット・プラ・ヤイ(大仏寺)へお参りする。奥のお堂に進む。願をかけ持ち上げると願いが叶うという真鍮でできた重い仏像を一人、一人持ち上げる。お祖母ちゃんもやっておりました。シリワン(キーちゃんの姓)ファミリーは皆、敬虔な仏教徒なのです。

坂を下り、セカンドロードに出るとセントラルのカルフールのフードコートでランチにした。兎に角総勢7名であるから、予算の都合で食事には気を遣う。カード式なのでこれなら安心だ。銘銘に注文して好きなだけ食べても大丈夫。

P4170179.JPG 午後はネーンのたっての希望で我がホテルのプールで遊ぶことにする。戻る途中のセカンドロードは水掛け合戦の真っ最中。ピックアップトラックの荷台からネーンとキタさんも応戦する。濡れたまま戻るとそのままプールへ全員集合。キタさんがソンクラーン用に購入した防水カメラが威力を発揮した。全員で水中写真を記念撮影。撮るや否や皆自分の写りを確認し、大笑いの渦。よく笑う家族である。

P4170188.JPG  P4170216.JPG
水泳の後は夕食時まで部屋で一休み。ビールを飲んでいた長男ジェックの掛け声でトランプが始まった。全員バーツ・コインを持ち合い「カブ」が始まった。あっという間にビールが無くなりジェックの若奥さんがロビーレストランへ追加の買出しに走る。部屋の鍵を厳重にかけ、しばらくトランプで家族ゲームとはりこむ。結局ゲームはジェックの一人負けに終わった。

P4170233 1 (14).JPG 夕食はビッグCのタイ鋤焼MKにする。キーちゃんがメンバーカードを持っているので10%の割引で食べられる。キーちゃんのオーダーで食べ始まるもののキタさん好物の海苔が付いた海老団子の二皿は娘ネーンと従兄弟ベットに全部取られて鍋の中には残っていなかった。キーちゃんは海苔が苦手で自分の好物のポークを夢中で口に入れていた。「海苔巻きを追加してくれ。」と小声でキーちゃんにつぶやくキタさん。??という顔でキーちゃんが見るので「全部無くなった」と説明するが「二皿頼んだわよ。」と理解できないでいるキーに「兎に角、追加二皿」と念を押すキタさん。ウィトレスが二皿持ってくると、ジェックがそれを鍋に入れる。まだ火も通らないうちにネーンをベットはまたもや自分の皿にさらってしまう。キタさんも負け地と二切れほど手に入れたが、火が通ってないのでやや冷たい。キーちゃんを除き全員海苔巻きが好きだった。(大笑い)

P4170233 1 (1).JPG 海苔巻き戦争に敗れたキタさんだったが娘ネーンと従兄弟ベットがハッピーだったので、嬉しかった。(本心は悔しかった。笑い)そこからソイ2でソンテオを拾いウォーキングストリートを案内する。長男ジェックの隣にど〜んと腰掛けたのは巨大なバストのレディーボーイ。パタヤのディーボーイは有名であるが、この巨大なバストを隣に目にしたジェックの顔はぐちゃぐちゃ。多分、後で若奥さんに文句を言われたことであろう。(笑い)

P4170233 1 (28).JPG ウォーキング中ほどでいつもストリート演芸をしているきれいな「西洋人形」がいた。以前にも何度か記念撮影をしているので、彼女もこちらを覚えているだろう。20バーツのチップを渡し、ネーンを横に並ばせた。人形好きのネーンはこのお姉さん「西洋人形」が大分気に入ったようだった。

バリハイ桟橋に出たところでキーちゃんが待合のソンテオと交渉。250バーツと吹っかけられて、キーちゃんも切れた。サウスパタヤまで歩いて戻ることになる。お祖母さんは「何故ソンテオを遣わないのか?」と文句の嵐!途中のアラブ地区からセカンドロードに出て無事ソンテオでホテルに戻る。

その晩はキタさんは一人早く部屋で寝た。キーちゃんとネーンは長兄の部屋で家族と過ごす。そっとさせてあげたかったキタさんは疲れのため、キーちゃんたちが戻るとすでに寝入っていた。

P4180013.JPG 翌朝、家族は帰途につく。朝、荷造りを終えると全員長兄の部屋に集合していた。キタさんが一人部屋にいるとノックをしてネーンがやってきた。タイ語で言うには「お母さんにお別れの挨拶をしてきなさい」と言われたとキタさんに抱きついてきた。暫らく、ネーンを抱擁し、「また、おいでね」と言うとネーンは笑顔で返し部屋を出て行った。

P4180014.JPG 少しして、またネーンが入ってきた。「お小遣い頂戴。」ねだるネーンに「一体、幾ら渡せばよいのだろう?」と困ってしまった。元々、小遣いのことは頭にあったがキーちゃんに話す機会が無かった。結果的にはるかに常識をオーバーしたがB1000紙幣をネーンに渡した。びっくりしたネーンは素晴らしい笑顔を見せワイのポーズでお礼を言い部屋を出ていった。

P4180015.JPG 朝食の心配をしていたキタさんをよそに、一行はそのまま帰途に着くことにした。やはり別れが辛いのだろう。僅か二日の母娘の再会だった。最後にネーンがキーに抱きつく。キタさんも目頭が熱くなった。またの再会まで、車を見送るキーちゃんとキタさんであった。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
yaziursi.gifyaziursi.gif



posted by ヤジ at 13:07| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キー・ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

キー・ファミリーのパタヤ訪問狂騒曲−さすがタイ家族(1)

日本から帰国していきなり聞かされたキーちゃん家族のパタヤ訪問。兎に角お金が必要だ。話を聞くと「私が全部面倒見るので心配ないわ。」とB1000だけ強請るキーちゃんに安心していたら、やはりそうでもなかった。(笑い)

いつ来るのか聞いたら、最初はソンクラーンの休みを利用してくるので14日と15日ということであった。しかし、その日には来ず、確かめると16日と17日になったと言う。誰が来るのか確認すると長男の運転でお母さんとキーの娘ネーン、長男の息子と二番目の奥さんの5人という構成だ。で、最初の予定だった14、15は長男の別れた妻がいるコンケーンとコラートで休み、16日にパタヤへ到着するという。

いつものように朝6時には起床のキタさん。コーヒーを飲みながらメールチェックをしていると突然キーの電話が鳴った。運転手の兄さんからだった。「今、レンチャバーンにいるが、どうやってパタヤへ行くんだい?」キーちゃんは答えられずにキタさんに聞く。「ダーリン、どうすれば好い?」ラヨーン、サタヒップ方面へ向かい30分でパタヤに着くと教える。

5人も来るのにホテルの予約もしていなかったキーちゃん。二日前に相談を受けたキタさんが何とか自分のホテルの部屋を取ってあげた。ネーンはキタさんの部屋に泊めることにし、お母さんと長男夫婦、それに息子が一人、4人で一部屋は厳しいと言うと、キーちゃんは「大丈夫、お母さんはヘアーサロンの裏の私の部屋に寝てもらうわ。」と気にしない。「分かった、あなたの言う通りにします。」(笑い)とキタさんは安心していた。

時計を見ると8時過ぎ。突然、何を思ったかキーちゃん、「今から部屋に戻るわ。取りにいく物があるの。家族が着いたら宜しくね。」とキタさんの部屋から出て行ってしまった。すぐに戻ると言うが、家族が着いてしまったらどうしよう?戸惑うキタさんだった。

9時になって電話が入る。キーちゃんからだった。「家族が到着して駐車場にいるわ。チェックインしてね。」電話が切れた。慌てふためいて階下へ降りる。お母さんをはじめ家族に会うのは二度目だが、去年の6月にキーのお父さんが脳梗塞で入院して以来だった。

ホテルの駐車場に出ると長男のピックアップトラックが留って、すでに皆荷物を荷台から降ろしていた。キタさんの姿を見つけたキーちゃんの愛娘ネーンが走ってきてキタさんに抱きついた。嬉しかったねえ。お母さんと兄さんに挨拶、ワイをしてホテルへ案内した。キーちゃん以外誰も英語を話さない。頭の中はぐちゃぐちゃだった。まだ正午前だがチェックインさせてもらい部屋に案内する。

swim suite.JPG一部屋だったので家族の皆、びっくりしたようだった。丁度、キタさんの部屋の対面だったので都合が良かった。自分の部屋から冷たい水を持っていってあげるキタさん。急いでキーちゃんに電話を入れると丁度ロビーに戻ったところだった。すぐに部屋に上がると愛娘ネーンとお母さん、兄さんと対面。ちょっと感動したシーンだった。
長男夫妻.JPG
ガイド役のキーちゃんはすでに予定を立てていた。ネーンをキタさんの部屋に呼ぶと、早速水着に着替えさせ、ラン島へ行く準備をする。キタさんは家族の朝食の心配をしていたが、そんなことお構いなしに腹を減らした長男ジェックはママーのラーメンを食べていた。

with grandma.JPG長男のピックアップトラックへ乗り込みバリハイ桟橋へ。後ろの荷台にはお祖母さんとネーン、ジェックの息子ベットとキタさん。ビーチロードからサウス・パタヤまで朝の風が気持ちが良い。ソンクラーンの休みとあって車を止める場所が無い。皆を下ろし、ジェックは車を止めに行った。11時のボートはまっすぐタウェンビーチに着く。ビーチチェアーを借りる前にいつものチョークン・レストランで早めのランチにする。ここが一番良心的値段で味も美味しい。元ガイドのキタさんの調査だから間違いない。皆でカニチャーハンを頬ばる。長男ジェックが注文した海草スープも美味かった。
at Ta Waen Beach.JPG happy face.JPG
待ちきれずに食事もそこそこにビーチに飛び出していくネーン。ビーチチェアーは5つ借りて、皆ネーンの後を追った。お祖母さんも一緒に海に入る。お祖母さんは子育てに忙しく旅行などしたことが無かった。勿論パタヤは初めてである。買ったばかりの防水カメラを持ってキタさんも皆が泳ぐ仲間に加わった。

hurry.JPG 楽しいビーチを後に午後3時の便でパタヤに戻ると仏陀丘のラジオ局の展望台からパタヤビーチを一望する。祈祷したあと、正月の祝いに用意した爆竹を鳴らしに展望台の裏手に回る。ジェックが代表して爆竹を手に階段を降りる。キーの家族はじっとその様子を見守る。両手で耳をふさいでいる姿はこっけいに見えた。爆竹に火をつけると駆け足で階段を登るジェック。それを見ながら笑う家族。

Pattaya view point.JPG water gun.JPG
絶景をバックに記念撮影をしてからセカンドロードへ出る。ホテルに戻る途中はソンクラーンの水合戦の最中。ピックアップトラックの荷台からネーンとキタさんも参戦する。(笑い)お祖母さんは水に濡れないように前部座席に移動していた。

buffet dinner.JPG 夕食はソイ1のタイバイキング、サンパーンへ。最近値上がりしてしまったが、それでも食べ放題で一人129バーツ。何でもあるので安心できる。ジェックの若奥さんの食欲にはキーも驚いていたがサンパーンで大正解だった。(笑い)

mother & daughter.JPG お仲も膨れたところでキーちゃんはウォーキングを案内したかったが全員疲れて「ノー」。今晩は帰って寝ることになり、キーちゃんはお母さんを自分の部屋に案内した。すると家族全員からブーイングの嵐!!「何故、お祖母ちゃんを一人で寝せるのだ〜」最初は承諾していたお祖母さんまで一緒に「断固反対」していた。困ったのはキーだった。二部屋を取るだけの予算もない。結局お祖母さんは長男夫妻の部屋に寝ることになり全員でホテルへ戻る。お祖母さんはソファに寝たようだ。

sleep together.JPG ネーンを連れて部屋へ戻るとキーとネーンは10ヶ月ぶりの母娘の再会を楽しんだ。それをニコニコしながら見つめるキタさんであった。そして三人でベッドに入り「川の字」に寝た。こうしてキーちゃんファミリーのパタヤ初日は終わった。
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
yaziursi.gifyaziursi.gif


posted by ヤジ at 11:54| バンコク ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | キー・ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

キーちゃんの前世

「ダーリン、私はまだこのことを誰にも言ったことがないの。」寝る前に突然キーちゃんが言い出した。「You know,私は5回生まれ変わっているのよ。」ニコニコしながらキーちゃんの話を聞いているキタさん。

buddha.JPG gate keeper.JPG
「私の最初の生まれは仏陀なの。」キーちゃんが続ける。「二度目はイェック。」(タイ語の辞書で調べてみると「鬼」と出ているがエメラルド寺院にある「守護神」のこと)
「そして三番目が将軍。」「ふ〜む。」キタさんは変わらず返事ともつかない声を出す。「そして現世の前が魚だったのよ。」「今のキーちゃんが始めて女性で生まれてきたの。」(セックスの要求か?)

general.jpg
誰にも前世があると信じているキタさんなので、興味深かった。

仏陀 > 守護神 > 将軍 > ・・・かあ。

fish.JPG key.JPG
「ダーリン、どうして私がお酒を飲まないか分かる?」
キタさんが答える。「そ、そりゃお前、前の人生で魚だったからじゃないか。」

二人で大爆笑!!
(日本語が話せないキーちゃんとの会話は80%タイ語で残り20%が英語です。)

幼少の頃から肉体の存在以外に人間の「意識」がどこに在り、どこから来たのかいつも考えていたキタさんは「輪廻」の存在を信じていたので、キーちゃんの前世の話も不思議ではありませんでした。

あんまり胸が大きくないのも、あまりセックス・アピールを感じさせないのも前世のせいかあ。前戯もあまり上手じゃないし。ずっと「男」だったんじゃ仕方がないか。(笑い)なにやら訳の分からぬことで納得しているキタさんでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
yaziursi.gifyaziursi.gif

posted by ヤジ at 12:42| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | キー・ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

恐るべしキーちゃんの呪術−ライバルヘアーサロン閉店に追い込まれる!

キーちゃんは相手を「呪う」ような子じゃありませんが、彼女の「邪気払い」には脅威的なところがあります。本当に怖いです。(笑い)敬虔な仏教徒であるキーちゃんはいつも「呪文」を唱えています。

nun key.JPG一昨日、キーちゃんと一緒に部屋を出たキタさん。いつものクールハウスで朝食を食べ終え、キーちゃんのサロンまでセントラルロードを歩いておりました。すると俯き加減の小柄な女の子が前から歩いてきました。通りすがりにその子の顔がはっきり見えました。
何とその子はキタさんも知っているキーちゃんのマッサージパーラーの共同経営者のニューでした。何度もキーちゃんからニューの噂話は耳にしていたキタさんでしたが、ニューの顔を見て本当に驚いてしまいました。

キーを騙したニュー(写真左)は、マッサージ・パーラーを乗っ取った後、閉店に追い込まれただけでなく、彼氏にも愛想を尽かされ、その上顔にはブツブツしたものができ醜い顔になっていたのです。話を聞かされていたキタさんでしたが、実際に見たニューはそれほど酷い顔になっていました。

niu-left.JPG一緒に投資するはずが実際にはキーが一人で工面し、朝10時の開店から夜10時の閉店まで一生懸命に働いていたキーちゃん。最初からニューを信用していなかったキタさんでしたから、ビジネスが上手くいってないのを知ると速やかに撤退するようキーにアドバイスしました。キーちゃんはキタさんへの返済を優先し、自分で働いた分を全て犠牲にして撤退しました。その時に、本来なら払われなければならないお金をニューは払わなかったのです。後で知ることですが、その頃キーちゃんからよく耳にしていたタイ語「ソム・ナン・ナー」とは「ざまあ見ろ」という意味だったのです。(大笑い)

closed salon.JPG今回のヘアーサロンの譲渡の時もそうでした。契約では「居ぬき」ということで、本来その店にある什器備品は置いて出るはずでした。ところが譲渡主のポーンは嘘吐きで、譲渡するキーのサロンの近所に持っていたもう一軒のサロンに尽く持ち去ったのでした。キタさんがキーちゃんに何故騙されたのか聞くとポーンが約束を守らないのだと説明しました。そして、「大丈夫、私には仏様(仏陀)が付いているの。今に罰が当たるわ」と気にしませんでした。

key enjoy saving.JPGすると、どうでしょう。従業員が辞めたり入院したりと大変な思いをしながら一生懸命サロンの経営をしていると、20メートルも離れていないポーンのヘアーサロン、ライバル店が閉店に追い込まれたのです。おしゃべりなタイ人がキーのサロンに来て経緯を全部話してくれたようです。ポーンの店は一店舗をキーちゃんに譲渡してから、急激に売り上げが落ち込み、従業員が辞めてしまい、支払いに困り経営が継続できなくなってしまったのです。ライバル店が一軒減ったのでキーちゃんのサロンのお客は増えました。恐るべし呪術です。(大笑い)

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
yaziursi.gifyaziursi.gif

オールパタヤ サイトアドレス
http://thai.saikyou.biz/


posted by ヤジ at 10:21| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キー・ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

ハッピー・バレないデー!?(2)

site.JPG enterance.JPG

rental chair.JPGキタさんとキーちゃん、グッドラック・チョグディーのハッピー・バレンタイン!この日はバレンタインということもあって、レストランの隣の大きな広場でコンケーンから来たイサーンのレヴュー(コンサート)に遭遇したのです。食事後、丁度開場の時間にレストランから移動。
巨大なステージの会場は外からでも丸見えですが、(つまり中に入らずともステージも見え音楽も聞こえちゃうのです−さすがタイ人、太っ腹)入場料はなんとたったの100バーツ。会場入り口を入るとすぐに7,8メートルくらいに積み上げた貸し椅子がありました。これが一つたったの10バーツ。

revue.JPG自分で椅子を持って好きな所に陣取るわけです。日本の野外音楽祭のようなものです。ショーが始まるのを待つまでの間もすでにガンガンと音楽が鳴り響いています。そして、午後9時開演。映画館でお馴染みのタイ国歌演奏に続いてレヴューが始まりました。体が振動するほどの爆音でした。バンコクなどでコンサートやディスコへ行ったことのある人は分かるでしょうが、あの振動が屋外でもするのですから、程度が想像できると思います。
i-sarn dancers.JPG show girl.JPG
出演している人数にも驚きました。男女レヴューダンサーはそれぞれ100人、計200人くらい、バンドや歌手、コメディアンも入れると総勢250人のショーは圧巻でした。歌と踊りの間にはコメディアンが出てきて、タイ語でエッチな話の連発。その度、黄色い声(女性に大受け)の歓声が上がります。訳のわからぬマイケル・ジャクソンが登場したりスパイダーマンが登場したり、タイ版カールスモーキー石井が歌ったりと出し物豊富。
michael jackson.JPG singer.JPG
ショーを見ていると足元でごそごそ。何だと思ったら、ポリ袋を持ったおっさんがビールの空き缶などゴミの収集をやっとるのでした。勿論「飯の種」にするためです。会場の清掃ではありません。この辺はたいへんタイらしい。(大笑い)いつの間にか大勢の観客で埋まっていました。オカマちゃんたちもグループでやってきて大いに盛り上がり踊りまくっておりました。パタヤと言えども流石にここまで来ると白人客も少なく、目だっておりました。99%タイ人でした。
comedian.JPG audience.JPG
終演の時間を聞いたら何と1時。4時間ものコンサートが100バーツで見られるのですからイサーンの大衆演芸、見ごたえがありました。
 
揺れるハートパタヤのホテルはこちらから


パタヤのホテルはこちらからさがしてみて


ご協力お願いしますぽちっとな
yaziursi.gifyaziursi.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

b_02.gif



posted by ヤジ at 12:05| バンコク ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | キー・ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

ハッピー・バレないデー!?(1)

CIMG3178.JPG   CIMG3184.JPG
昨日はバレンタインデー。キタさんは朝からバレンタインの挨拶メールと義理メールを送りまくり、午後からは返事待ちを楽しみにしていました。夜はもちろんキーちゃんと記念の夕食の約束があります。それにしてもイベント大好きパタヤ、街中バレンタイン一色ってな感じです。

CIMG3218.JPG昼ごろガーデンロッジホテルの前を通ると、すっげー可愛い子がバレンタインのグッズを売っている出店でバイトをしてました。あまりの可愛さに足が思わず急停止。彼女と話をしたい一心で、買うつもりもないくせに、あれこれ値段を聞いたり品物を見たりしてました。名前を聞くとパットと言います。お〜、ビーチのパット(と言っても分からない人はナイトライフをご覧ください。)と同じじゃわいと思いながら、売っている商品を抱えさせて写真撮影をお願いしてしまいました。久しぶりに胸がドキドキ。2、3枚撮ると丁度そこに現れたのが彼氏と思われる若いタイ人の兄ちゃん。「おい、俺の女に何してるんだ??」という態度でキタさんのすぐ脇にきて「これ以上ちょっかい出すと容赦しないぞ」とでも言ってるような顔つきで彼女と話始めました。キタさんは一応品物の値切りをしたら250バーツのハート型枕が200バーツでOKとなった。荷物になるので帰りにまた来ると言い残し、面倒なことにならないうちに、後ろ髪を引かれるような気持ちでその場を去りました。

昼食後、ホテル資料集めの作業日程を変更し、パットの店で売っていたプレゼントを買うためにガーデンロッジまで急旋回。プレゼントは勿論キーちゃんに買うのだが、同じ買うならどこで買っても一緒、しかし本心はもう一度パットに会いたい一心だった。ところが、物事、そうはうまく行かない。行ってみるとパットではなく、彼氏の方だった。「さっきまでここにいた女の子はどこに行った?」と聞くと「もう、帰ったよ。」200バーツを出し、仕方なくその兄ちゃんからハート型のピローを買っている所へセブンイレブンからパットが戻ってきた。兄ちゃんはウソをついていたのだ。

午後になると今朝出したメールの返事やら携帯が鳴り出しました。二度ほど会ったアップルちゃんはキタさんに彼女がいるのを教えてあるのに電話を切りません。今日は行けないと断るキタさんを無視して「絶対にお店に来てね。待ってるから。」こういうのはやばいです。「バレたらあかん」、きーちゃんと一緒のとき電話が鳴ると困るので夜には携帯を切ってしまいました。(ヤジさんごめんね、連絡つかなくて)
今日は「ハッピー・バレないデー!」つまらぬことで喧嘩なんかしたくないですねえ。夕方、サロンのスタッフにケーキの差し入れを持ってキーちゃんを迎えに行く。ヘアーサロンはキーちゃんの思惑と反対にバレンタインの割には暇だった。ビアバーの女の子たちも出費が大変で髪の毛のセットまでお金が回らないのだろう。
CIMG3457.JPG   CIMG3472.JPG
ディナーに誘った店はサロンから近い。ヤジさんに教えてもらった釣堀レストラン「フィッシング・パーク」のほぼ対面にある「ハーティェン」。キーちゃんは興奮していた。何故ならキタさんは知らなかったが、この店テレビのグルメ番組で紹介されたことのある有名な海鮮料理のチェーンレストランなのだった。なるほど店に入る前に「本当にここでいいの?」と確認するキーちゃん。何も知らず「おー、おー、勿論いいともよ〜」のんきに答えるキタさん。
CIMG3467.JPG   CIMG3469.JPG

CIMG3474.JPG夕べの夕食はキーちゃんが奢ってくれたばっかりなのに、注文をいれると「今晩の食事代は半分っこしましょう。」??何も知らず「好きなの食べたらええ」と言ったキタさんはキーちゃんが注文したお魚料理の値段を知らずにいたのでした。(何度も食べたことのある料理でしたが自分で支払ったためしたが無かったので幾らするか知らないでいた。)
美味しく食事をしていると、いつの間にか満席に。ほとんどがタイ人。パタヤでもビーチロードやセカンドロード、ウォーキングストリートはリゾートで外人がいっぱいいるが、サードロードまで来るとかなりローカル色になる。

CIMG3484.JPGさすがにテレビに出るくらいのレストラン。オープンエアーにもかかわらず禁煙。店の奥のほうに喫煙所が設けられている。ふ〜む。この辺もパタヤに似合わずバンコク風だ。ゆっくりご馳走に舌鼓をうち、さてお支払い。ば〜ん。ジャン、ジャ〜ン。しめて680バーツ。お魚タイ式ムニエル、蟹のさつま揚げ、ゆで卵、ご飯、ビール1本、水の内容でこの値段。さすが有名店。キタさんはさっと500バーツ紙幣をキーちゃんに渡し、清算。
よっぽど気に入ったのか、食事中もずっとメニューと値段をメモしていたキーちゃん。タイの人を接待しても恥ずかしくない高級店というのがよく判りました。(続く)

 
揺れるハートパタヤのホテルはこちらから


パタヤのホテルはこちらからさがしてみて


ご協力お願いしますぽちっとな
yaziursi.gifyaziursi.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

b_02.gif






posted by ヤジ at 10:53| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キー・ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

ヘアーサロン繁盛記−初の大台2000バーツ売り上げ(ヤジさん応援ありがとう)

shop salon.JPG今月開業したキーのヘアーサロン。1日売り上げ目標1000バーツ。昨日はせっかくヤジさん一家と夕食を共にしたのに売り上げ半分の500バーツでいささか元気のなかったキーちゃん。
昨夜は一ヶ月ぶりのキタさんの夜のサービス(こうなるとどっちがどっちだかもうわかんない−笑い)で大満足にご就寝のキーちゃん、今朝は元気に出かけました。

今日はヤジさんがご子息を連れてサロンに来てくれて大感激。大喜びでした。ヤジさん、応援ありがとう。お蔭で売り上げが大台の2000バーツを超えました。今後も応援よろしくお願いします。

salon shop.JPG前の事業主の売り上げ帳簿を見せてもらい、家賃や経費の計算をすると1日1000バーツの売り上げなら採算が取れるということで始まりましたが、やはり最初は苦戦でした。初日600バーツ、二日目700バーツという数字に900バーツが混じり始めた矢先の昨日、売り上げ500バーツにはキーにはショックだったようです。「まだまだ始まったばかり。そう毎日、毎日心配すんなよ。」と励ますキタさん。

cd.JPG以前の店では音楽をかけてなく、従業員は自分の携帯電話のMPを聞いてました。開店記念のプレゼントはCDラジカセにしました。(ヤジキタブログを読んでいる人はすでにご存知ですね。)結構小柄なわりにはパワーがあるラジカセです。

店の広告の垂れ幕も新しくしてプロモーション効果も期待できます。姉御のノイが出家のためにチェンマイに行く前に洗髪の特訓を受けたキーちゃん、キタさんをモルモットにして練習に余念がありません。
shop banner.JPG shampoo.JPG
三人のスタッフも仲良くいつも笑顔と笑い声が絶えない明るいお店です。このまま、うまく軌道に乗って、商売が成功するように祈るキタさんです。出資金の回収が終われば次の事業にも取り組めます。頑張れキーちゃん、夜の務めはキタさんに任せてくれ〜。
cleaning.JPG

揺れるハートパタヤのホテルはこちらから


パタヤのホテルはこちらからさがしてみて


ご協力お願いしますぽちっとな
yaziursi.gifyaziursi.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

b_02.gif






posted by ヤジ at 01:09| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キー・ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

憎きカルフールの電気屋兄ちゃん。

CIMG9402.JPG airport 2.JPG
5日午後2時過ぎ、バンコクの玄関口であるスワンナプーム国際空港で小火があった。火元は旅客ターミナル3階のレストラン「Goodies」の厨房で、約30分で消し止められたそうだ。最近、我がアパートでも小火騒ぎがあったばかり。火事は怖いですね。

going to work.JPG staff.JPG
頑張り屋のキーちゃん、毎日元気にサロンへ通っています。心配していたスタッフもどうやら良いスタッフが三人揃い、一安心のようです。前のサロン売主のオーナーはどうやら「意地悪ばあさん」だったらしく、良いスタッフが辞めていましたが、どこからかキーが新しい店主になったのを聞きつけて募集してきました。
頼りになるキーのルームメート、姉御ノイが今日からチェンマイの寺に出家するので、今日からキーはノイを当てにできません。
empty.JPG welcom sign.JPG
開店祝いに何を送ろうか考えていたキタさん。店の看板も必要だし、広告の垂れ幕も欲しい。入り口に置く「ウェルカム・サイン」も悪くない。CDプレーヤーを前のオーナーに持っていかれてしまい、ミュージックも無くなってしまったし。
ビッグCでCDプレーヤーの値段をチェックして大体の値段を把握。一応店員と安くなるか交渉もしたが、値札通りと言うので買うのは止めたキタさん。それから目を付けていたウェルカムサインの料金を確認するため、ビッグC裏手の巨大雑貨屋へ行ってみる。すると、たくさんあるウェルカムサインの内、キタさんが内心決めていた「赤」のサインだけ売り切れていた。昨日見たばかりだったのに。「赤」は商売繁盛」の意味があり、その割りにあんまり見かけないので、もしかしたら「新商品」だったのかも知れない。がっかりしながら、裏道を歩きセントラルロードに出るとキーのサロンはもうすぐだ。
carrefour.JPG   carrefour at night.JPG
カルフールに先に寄り同じようにCDプレーヤーの値段を確認。ついでに交渉もしてみた。やはり値段は下がらないらしい。サロンへ着くとキーはいなかった。スタッフが揃ったのですぐ近くの自分の部屋で用事をしていた。電話で呼び出し、キーと一緒にカルフールへ。CDプレーヤーを「開店祝い」にプレゼントすると聞くと、キーは「プレゼントならお店の看板を作って頂戴」と強請るので「それは商売だから自分でしなさい」と断る。CDならば、店を辞める時、引き取ることができると説明すると納得。
さて、カルフールの電気売り場へ戻るとさっきの兄ちゃんが出てきた。キタさんがどれが気に入ったかA=B1790 と B=B1890のどちらかを選ぶ話をしているのに、全く関心を示していないC=B1990を薦めるのだ。キタさんがCは全く必要ないと再三断っているのにキーに対し延々と説明を繰り返している。キーがAとBの音を実際に聞いてみたいとデモンストレーションを要求。電気屋兄ちゃんは仕方なしにAの商品、箱を開けコードをつなぐ。なかなか、どうして音は悪くない。キーがBもテストしたいと言うと仕方なさそうに商品を取りにいった。開けて取り出したCDを見てキタさんは愕然。何と馬鹿な兄ちゃん商品Cを持ってきたのだ。CはDVD機能も搭載しているとセールスしている兄ちゃん。キタさんが何度もDVDは必要ないと断っているのに。買わない商品のデモやってどうするのよ、まったく。時間の無駄でしょうよ。「Cは興味ないよ。見たいのはBだ。」と兄ちゃんに言ってもCのセッティングを止めない店員。ここでキタさんは「完全ぶち切れ」。「キー、俺は買うのを止めたから帰ろう。」と言うと慌てたキーちゃん、「ダーリング、Aで良いわよ。Aにしましょ。」レジでお金を払いカルフールを出るまで無口のキタさん。お客が見たい商品を見せないで、自分が売りたい商品を見せる馬鹿な店員がどこにいる?と怒りが収まらないキタさん。店に帰って早速CDを取り出すキーちゃん。箱の中にコードが入っていない。呆れたキタさんを店に残し、キーはコードを取りに引き返した。
posted by ヤジ at 10:41| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キー・ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

キーサロン、開業初日!

Key enjoy.JPG 一夜明けて、今日から開店するキー・ヘアーサロン。よく眠れなかったようで頼まれた8時半の目覚ましが鳴る前に起床したキーちゃん。キタさんも当然「最初の客」となるべく二人で早く部屋を出た。途中、セントラルパタヤのクールハウスで朝食を摂る。去年までは朝食に誘っても食べなかった洋食のブレックファスト。キーちゃんは最近になって洋食のブレックが好きになりだしたのです。ここのスクランブルは塩の塩梅が丁度よく美味しくて、トースト、ジャム&バター、パイナップルジュース、コーヒーか紅茶が付いて50バーツ。二人でぴったり100バーツ。

why.JPG
今朝の注文でまたまた「タイだなあ〜」という瞬間あり。出てきたジャム&バター、入れ物に二つづつ入っているのです。こういうのって気にしない人は気にならないのだけれど、「気がついちゃう」キタさんは文句じゃなくて「笑い」が出てしまうのです。
right way.JPG
本来、このように一つの容器にジャム&バターが一つずつ入れるのが普通ですが、何事も面倒なことを嫌うタイ人の性質がよく出ています。(笑い)それを直すキタさんもキタさんですが。我がキーちゃんはそれどころではありません。頭の中は初日のやることで一杯。顔も真剣そのものです。

朝食が済むと歩いてサードロードまで。キーちゃんは部屋に寄って仏様にお花と線香を上げて来ると言い、キタさんは先のセブンイレブンで待つことに。キーを待っているとやってきたのは姉御のノイ。キタさんに鍵を渡すと先に行って店を開けてくれと言い残しコーヒーを買いにセブンに入った。それにしても昨日のノイ姉御の仕事は早かった。キーの為に店の掃除を一人でやってしまったのだ。譲り受けた店は「ヘアーサロン」とは呼べない代物であった。兎に角汚かった。それを全部整理して綺麗なサロンに変身させたのだ。
clean.JPG looks ok.JPG
完全に新しいお店ではないがニューショップに生まれ変わったキーサロン。最初の客はキタさんで、カットは無しでメニューは髪染め。白髪のキタさん、染めないと40台前半を維持できないのです。(笑い)夕べビッグCで買っておいた染料持参で染めてもらいました。担当したのはノイ姉さん。元々姉御のノイはヘアーサロンをやっていた経験があり、本物の実力の持ち主。あっと言う間にキタさんは「若々しく」変身しました。
new shop.JPG taken down.JPG
御代は何と500バーツ。でも、これは打ち合わせで、後でアパートに戻ったら返してくれることになっている、いわば「景気づけ」。気持ちよく500バーツ紙幣をキーに渡すと従業員全員にパタパタとお札で祈祷しているキーちゃんでした。

夕べまで在った前の店の看板はいつの間にか外されて、蛍光灯だけになってました。こういう所は早いタイ!新しいキーの看板が灯るのはいつになるのか、兎に角頑張って早く出資金を回収したいキタさんでした。
posted by ヤジ at 19:22| バンコク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | キー・ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キーちゃんのヘアーサロン開業!

beauty salon.JPG 黒ハート我が愛しのキーちゃん、去年マッサージサロン経営に見事に爆弾大失敗したのを教訓に再度ビジネスチャレンジ。今回はヘアーサロンです。先週末に相談を受けたキタさん、前回の失敗を反省して少しは状況を理解してきた様子のキーちゃんを見て、これなら大丈夫だろうということで、一緒に物件を見に行きました。キーが同居させてもらっている相棒の部屋からすぐ近くなのです。

selling price.JPG キーの話を聞くと現経営者ノックは別な店舗も経営しているが、二店舗両方見るのができない為、売り上げはは悪くないがこちらの店舗を売りに出したということであった。売値は6万バーツだったが、キーがすでに売主と交渉して失恋4万8千バーツまで話を詰めていた。家賃がB6500、水道代B500、電気代B2000。以上月の経費がB9000と言う話だった。例によってタイ・スタイル、大体の計算で物事を進める習慣であるから、それ以外の人件費とかこの計算にはがく〜(落胆した顔)入っていない。

inside 1.JPG inside 2.JPG
細かい話は後で詰めるとして、兎も角キタさん、その物件とやらを早速見に行った。キーの部屋から歩いて3分。パタヤのサードロードに面していて、交通量は多い。歩いている人が少ないのが気になったが、サロンの経営者ノックの話を聞いた。一ヶ月の売り上げと一日平均の売り上げを聞くとキーと計算してきた最低の売り上げは確保できている数字だった。ついでにハイシーズンとローシーズンの売り上げを聞くと場所柄、この店はシーズンの影響を受けないと分かった。商売相手はタイ人女性客でファラン、外人はいないとのことであった。その方が計算がしやすいし、客の入りと売り上げがひらめき読みやすい。

sign the contract.JPG  キタさんが幾らなのか尋ねるとわーい(嬉しい顔)4万5千で良いという返事が返ってきた。その日はそれで一度帰った。その二日後、キーとキタさんは4万で再交渉をしようと出かけると、別な客が買い取りの申し込みに来たので、こちらの返事次第で別客に売ると突っ張ってきた。キタさんはすでに4万5千なら手を打つと決めていたので、30日の午前まで返事を待ってもらった。結論が出たら契約は月末31日、パスワード引渡しが翌日の2月1日。こう話すとノックは全て理解してくれた。さて、いよいよ契約の段階になり、31日午後7時に店で契約という約束で時間に出向いたキーとキタさん。やっぱりタイ、まずノックが10分遅れ。もっともタイで10分は遅れるうちに入らないだろうけど。ところがもっとがく〜(落胆した顔)驚いたのは契約を遂行する不動産屋が時間に来ないのである。待つこと1時間。やっと現れた不動産屋の女性、もう一人の小母さん一緒に店に入ってきたが、まともな挨拶は無し。勿論、名刺交換なんてあるわけが無い。ノックの店に勤めるブティック女の子(従業員)が真ん中に入り込み不動産屋とキーの橋渡しをしているのも妙だった。そして、ブローカーのような付き添いのおばさん。キタさんが誰が誰だか詳しく知る前に契約は終わっていた。(笑い)
gift for Key.JPG
何はともあれ契約が済み今日は引渡し。11時には不動産屋が契約書のコピーを持ってきてくれ、その後は大掃除。何しろヘアーサロンなのに物凄く汚いのだ。キーと相棒ノイは片っ端から片付けて綺麗にした。
キタさんはキーちゃんのサロン開業祝いに店のウェルカムサインをプレゼントプレゼントしようか考えている。
 
揺れるハートパタヤのホテルはこちらから


パタヤのホテルはこちらからさがしてみて


ご協力お願いしますぽちっとな
yaziursi.gifyaziursi.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

b_02.gif



posted by ヤジ at 01:36| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キー・ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

「月よりの死者」に救われる!

リゾートもう三日になるのにネット回線は復活せず、今日もこうして喫茶店ネットカフェに来ました。楽しい画像が載せられなくてごめんなさい。復活したら怒涛のラッシュを見せますのでふらふら勘弁してください。

それにしてもヤジさんに随分心配かけてしまったなあ。キーちゃんの演劇攻撃は留まることを知らず。ところが「神」はいるもので、キタさんに救援隊を出してくれました。

なんとその名も三日月「月よりの使者」月光仮面ではありません。そうです、毎月訪れる女性のメール便り、一昔前だったら決定「アンネの日記」です。古〜い。という分けで、四日間の安息を得たキタさんです。

ネット回線、来週辺りには復活して欲しいよね。仕方ないから眠い(睡眠)寝て待つとするか。
ラベル:キタ パタヤ キー
posted by ヤジ at 20:21| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キー・ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

キーよ、いい加減、帰ってこんかい!!

at beach road.JPGキーがチェンマイの寺に出家すると部屋を出て早一週間。やはりもうやだ〜(悲しい顔)淋しいキタさんであった。気持ちは「いい加減に帰ってこんかい!」それにしても、キーが帰ってくるのは来週の金曜日。まだ一週間も先の話だ。
そもそも、何故キーと仲良くなったかと言えば、彼女は話し好きで滔々と話をするのだ。始めての出会いにも関わらずキタさんのタイ語理解度など度外視でタイ語でまくし立てるのだ。不思議なことにキタさんはそれが理解できたのだ。

day dream.JPG
キーちゃんは延々と失恋別れたタイ人と旦那の話から最近失恋別れた日本人の恋人の話までキタさんに聞かせるのだった。彼女と出会った一ヶ月は日払いでペイバー込みで付き合っていたキタさんだが、日本に帰って再度戻った7月には一ヶ月で契約した。

eating.JPGタイ語教室にも通い、タイ語を習いながらキーと付き合うのはとてもムード楽しかった。キタさんもガイドをしていた位なのでキーちゃんの案内に独断場にはならない。互いに楽しくて面白い店を隈なく歩いた。
性格が似ているのも幸いしたのだろう。レストランからレストラン食事の内容に渡るまで一緒に評価したりしてランキングをつけたりして遊んだ。彼女とキタさんの評価は大体一致していることが多かった。

together.JPG7月の一ヶ月はあっと言う間に過ぎていた。最後の数日、キーちゃんはキタさんに今後の行動を執拗に聞いてきた。しかし、ビジネスが思うようにバッド(下向き矢印)進んでいないキタさんには答えようのない質問であった。
遂に最後の日が来てしまった。「今度、いつ来るの?」という質問に答えられぬうちに。前回5月の最後は二人でバンコクへ行き、最後の数日をムード一緒に過ごし充実した気分で別れたのが嘘のような7月の別れになった。

lotus.JPGノースパタヤのバスステーションまでナクルアから歩く二人の足は重かった。キタさんは途中のロータスで日本へ持って帰る土産を買う都合があった。たらーっ(汗)汗ダクダクになり、ロータスに着いた二人。
キーちゃんに荷物を預け、急いで買い物を済ませるキタさん。暑いので労いのつもりでアイスクリームをキーに勧める。「いらない」という返事だが再度勧めると急にキーがちっ(怒った顔)怒り出した。「何度も同じことを聞かないでよ!」これにはキタさんもちっ(怒った顔)激怒。他人が優しくアイスクリームを勧めるのに怒り出すとは何事か!!


bus station.JPGロータスを出てバスステーションまで二人とも無言。完全にへそを曲げているキー。折角、バス停まで送ってくれるキーにありがたく思っていたキタさんも暑さと疲れのため、切れていた。バス停にたどり着くと手前にある店で最後の買い物が待っていた。

急いで買い物を済ませ店の前に出てくると待っているはずのキーがいない。辺りを見渡したが彼女の姿は無かった。待ち疲れて先にバス停にいったのか?と思い、仕方なしにキーの姿を探しながらバス停に行く。
空港まで送るバス会社の事務所は一番奥にあった。ずっとキーを捜しながら歩いたが結局いなかった。キタさんは事務所でチケットを買い、出てくるとキーが歩きながらやってきた。開口一番「どうして一人で先に行ってしまうのよ???」またまたちっ(怒った顔)激怒していた。

何度も探したけどキーがいなかったと説明するキタさんの話は焼け石にあせあせ(飛び散る汗)水であった。彼女は涙目で黙ってその場を去ってしまった。このままでは、二人は本当に終わってしまうと焦ったキタさんはキーを追いかけた。

bus co..JPG
戻るようにたしなめるキタさんにキーはちっ(怒った顔)逆上した。彼女は怒ると話をしないのだ。(キタさんは前の韓国の彼女も同じだったことを思い出した。)キーの逆上に今度はキタさんがちっ(怒った顔)ちっ(怒った顔)逆逆上した。それに対し、キーが逆逆逆上したので、もうこれは収支がつかない。キタさんは思わず爆弾「F○ck You!」と叫んでいた。まさか、それが失恋最後の言葉になるとは知らず。shop.JPG
 
揺れるハートパタヤのホテルはこちらから


パタヤのホテルはこちらからさがしてみて


ご協力お願いしますぽちっとな
yaziursi.gifyaziursi.gif

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

b_02.gif





posted by ヤジ at 18:27| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キー・ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へbanner_03.gif 通りすがりは困るぜ 景気良くポチッと頼むぜ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 新規ページで開きますので、このページは続けてみられます。 パタヤ不動産 宅建主任者が御案内 タクシーの事ならオールパタヤ "> パタヤのホテル JF無し" パタヤでゴルフ 焼肉 居酒屋 漠 アサヒ生 85B!! 各種タイビザ取得 リタイアメントビザ" レンタルWIFI タイの運転免許証 日本免許証から簡単取得 ビザ無しでok パタヤ夜遊び情報サイト 子猫のおしり
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。